ドリトル、eBASICによる計測・制御とプログラミング

人間・風景「ことば」となった数学用語の表紙2009年7月17日発行
紅林秀治、青木浩幸 著
B5版/90ページ
定価(本体1,000円+税)
ISBN 978-4-904013-03-8
 Amazon 



目 次
1章 教育とロボット
 1.1 学習指導要領から考える計測・制御の学習
 1.2 制御って何?
 1.3 ロボットについて
 1.4 技術教育とロボット
2章 ロボット教材
 2.1 MYUロボについて
 2.2 基板に使用されているPICについて
 2.3 MYUロボの製作例1(2モータ制御)
 2.4 MYUロボ製作例2:缶運びロボット(3モーター制御)
 2.5 製作過程
3章 制御プログラミング・ドリトル編
 3.1 ドリトルによるプログラミング
 3.2 制御プログラム
 3.3 自律走行と制御のプログラム
4章 計測を取リ入れた教材
 4.1 AD変換機能を取り入れたMYUロボ制御基板
 4.2 計測値をグラフ化し制御に生かすロボット教材
5章 制御の授業実践例
 5.1 ロボットコンテストを取り入れた実践
 5.2 2モータ制御から3モ一タ制御への流れを考えた実践
 5.3 リモコン操作とプログラミングを合わせたロボットコンテスト
 5.4 計測を取り入れた実践
6章 制御教材を用いた学習の効果
 6.1 ロボットコンテストを取り入れた自律型ロボット制御の授業から
 6.2 技術に関する文章の理解
 6.3 制御システムの仕組みを類推できるようになる!
7章 BASICプログラムについて
 7.1 BASIC一みんなのプログラミング言語
 7.2 初心者に向いた性格一どうして学びやすいのか
 7.3 いまどきのテキストプログラミング
 7.4 対話型実行
 7.5 今も生きるBASICの理念
8章 eBASlCによる計測・制御
 8.1 計測値のデジタル化
 8.2 音で制御する(条件分岐)
 8.3 ステートチャートで整理する
 8.4 より複雑な条件に挑戦
 8.5 eBASICでMYUロボを動かす
 8.6 センサー入力の値を得る
 8.7 オンラインプログラム実行
付録・A教材の入手先
付録・B入門eBASIC